スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
あたらしいアンダーウェア
2012070402.jpg

タブリエ?と見まごうこちら、何だと思います?なんと、ふんどしなんです!
正直、これを「衣」カテゴリにするか迷ったのですが…(笑)。
FBでン年ぶりに再会した中川くんが手がけるおしゃれなふんどし「SHAREFUN」
未晒しのリネンにチョコミント配色のリボンがかわいい。以下、着けた感想です。

●とってもエアリー♪
腰のひもで止めているだけでゴムの締め付けがないので、なんとも
気持ちいい独特のふわふわ感が!
私は冷えとりをしていてレギンスを2枚履いているので(専用のものなので
それほどきつくないですが)、普通の人はさらに爽やかなのだろうな。
特に鼠蹊部のあたりの解放感が素晴らしい。すごく楽。
普通の下着では、ここを意外に締めつけられていたんだな~と思う。
ここには大きなリンパ節があるので、健康に良さそう。
あとトイレの時に少し面倒くさいかなと思ったけど、全然大丈夫でした。
何よりも、なんだか不思議と愉快な気持ちになります。
少し前がごわっとしてしまうので、女子がお出かけで着けるのは厳しいかな?
中川くんも「女子は寝る時だけふんどし」を勧めています。
リラックスしたい休日にも最適です!
冷えとりーな的視点から言えば、シルクのふんどしも出してほしいなー。

男性のふんどしに比べ、女性のふんどしは遥かにハードルが高そうですね。
もともと女性にふんどしを着ける習慣がなかったから?少し調べてみました。
昔の日本人女性は、「腰巻(腰に巻く布状の下着)」を着けていたとのこと。
ただ、月のものの時のみ、例外的に「月経帯」というふんどしっぽいものを
着けていたそうのだです。
逆に「あの時はふんどしじゃ無理かな?」と思っていたので、ちょっと驚き。

私は知らなかったんだけど(いやちょっと聞いたことはあったような気もする)、
ワコールのウンナナクールからガーリーなふんどしも出ていたのね。
価値観は、時代とともに変わるもの。
マイノリティが、いつのまにかマジョリティになっていたりするもの。
ふんどしがもっと身近に受け入れられる日も近いのかも。
私は楽しかったです、ふんどし体験☆ 中川くん、頑張れ!
スポンサーサイト
| | comment(1) |
はじめてのデモ。

先週の金曜日、6/15。官邸前の大飯原発再稼働反対デモに行ってきました。
本決前の最後の抗議、これはなんとしても行きたかったのでした。
何を隠そう人生初のデモで、ちょっとドキドキ…。
なんかプロ市民っぽい人ばっかりなんじゃないか、過激なんじゃないか。
でも全然普通でした。怖くなかったですよ、むしろ和やか。
なんと1万1000人もの参加者があったらしい!スゴイ!
2012062202.jpg
開始の18時よりだいぶ遅れて到着。twitterを覗くとすでに5~6000人来てるとの情報。
こんな感じでずらずら歩道に並んで「再稼働反対!」と言っていました。
警官の方もたくさんいましたが、意外と感じ良く、たくさんの人が来ているからもう少し詰めてくださいみたいな口調でした。
過去のデモで理不尽な逮捕もあったので警戒していましたが、この日の警官は穏やかに交通整理をしてる感じ。
右手には首相官邸があります。
2012062204.jpg
野田さん、聞こえてる?
みんな普通の市民だよ。おそらく私のように初めての人も多いはず。
そのカーテンを開けて、表を見てみなよ。
列はどんどん伸びていく。子どももいる。
歩道だけでは足りなくなり、車道の一部も使うことになった。
喉を痛めないように、マスクと水のボトル、のど飴を持ってきて良かった。
2012062205.jpg
ずっと叫び続けた「再稼働反対」、まるでチャントのよう。そう、これは祈りだ。
段々気持ちが高揚して、ちょっと泣いてしまった。皆の気持ちが届くといい。
子どものために、未来のために、原発いらない、再稼働反対。強く、強く。

そんな思いも空しく、一切のマスメディア(赤旗以外)はこのことを報じなかった。
信頼していた東京新聞ですら。
これではTwitterやFacebookをやらない方は、1万人以上が直接官邸前にて抗議をした事実を知る由もない。みなさん、この国はものすごく大きな力で操作されてます。
そして野田さんはあっさりと再稼働を決めた。多くの声を踏みにじって。

しかしまだ再稼働自体がなされた訳ではありません。まだ時間はあります。
明日また官邸前(国会議事堂前駅3番出口すぐ)18:00~21:00にデモの予定ありです。
私も行きたいのですが、生憎仕事が…(涙)。早めに終われば合流します。

Twitterで告知が盛んにされてたのですが、つい先ほどダウンしてしまったようです…。
何故このタイミングで?確証もないけど、“ムラ”の圧力なんだろうなと思ってしまう。
1万人のデモをもみ消したその力をまた振りかざしているのかな…。とてもおそろしい…。
【追記】 一時間ほどで復活したそうです。考え過ぎ…でしたよね。
でも大事な局面でTwitter止められたら痛手になるなと思いました。
|NO NUKES | comment(4) |
春から夏の靴下三昧。
2012060302.jpg

いつのまにかもう6月、東京も梅雨入りして夏がどんどん近付いてきますね。
今年の春は、冷えとりーなの皆様、けっこうめんげんがキツかった方が多かったよう?
春は一年の中でも毒出しの季節なので、色々出てもおかしくないのですが、
もしかして放射性物質が出ていたのでは…?なんて期待し過ぎでしょうかね?
私も普段あまり出ない頭痛と吐き気がいっぺんに出て、寝込んだ日がありました。

あたたかくなってくるに従って、冷えとりーなも靴下を減らし始めます。
しかし減らすタイミングと枚数、意外と難しいですね(笑)。
増やすのより難しいかも。もしかしたら減らさなくていいのかな!?
私は冬は靴下6~8枚、レギンス3枚でしたが、今は靴下4枚、レギンス1~2枚って感じ。
家にいる時はレッグウォーマーもプラスしてます。仕事場に持っていっても便利。

かぐれで買った「me myself and i」のレッグウォーマー、お気に入りです。
内側がシルク、表側がコットン。シャリっとした質感も色もとてもおしゃれな仕上がり。
かぐれオリジナルの焦げ茶のリブソックスは、柔らかですご~く伸びる!
下にたくさん靴下が履けちゃいます。これも気持ち良くて気に入ってます。
2012060301.jpg

じゃ~ん!ワイルドだろぉ?cotteさんの春夏の新作、発売日にど~んと購入。
だって…選べなかったんだもん…春の雲のようなニュアンスカラーのニーハイと、
夏らしいブライトカラーのソックス。ともにオーガニックです。ステキ☆
色もお気に入りなのだけど、もうひとつ良い点は不思議ととてもあたたかいんです!
履いててあれ?ウールだっけ?と思ってしまう位。オーガニックだからなのかな?
2012061201.jpg
コーディネートのポイントとして、靴下に色を持ってくるのは新鮮で楽しい!
この写真だとポイントっつーか、全体のキーカラー的だけど。
砂色や黒などワントーンでまとめて真っ赤な靴下持ってきたりね。
チラリと見せで、けっこう遊んでいます。
cotteさんはさすが色出しのセンスが良いので、次の新作も楽しみだなあ♪
…ってあれ?気付けばクローゼットは靴下でパンパン(笑)。断捨離もときめき収納も私には効かないようです…。
|冷えとり | comment(0) |
春の服。
2012052401.jpg

もう季節は初夏ですが…だいぶ前、春頃に調達したお洋服たちを(笑)。
ドーバーストリートマーケット銀座で買ったDANIEALA GREGISの大判ストール。
私にはドーバーはちょっと先端っぽ過ぎて、見ていてちょっと緊張します(笑)。
でもある一角だけはふわっと自然な感じで、そこは和めました。
DANIEALA GREGIS。ものすごく可愛い黒白のギンガムのJK、18万オーバーだった…。
全体に素敵なんだけど、あまりに高過ぎる!見た目の割に理不尽な値段だよね~。
でもストールだけは、まあ安くはないけれど買えなくはないお値段。
すごく風合いが良く、身体にいい具合に巻きついてくれます。
かなり大きめでマントみたいに使えたりします。けっこう便利。
よく見ると、紺白のとっても大きなブロックチェックなんですよ。
一見、無印とかにも見えなくもない!? 見えるわな~。
2012052405.jpg
レイクタウンのhowellで買った爽やかキャンディストライプのシャツ。しっかりしたコットン。
これ1~2月くらいにお店に並んでた気がするけど…バーゲンを経ずにアウトレットに並んでいるというのが不思議。
そういうこともけっこうあるんですって。知らなかった~。
イルムスで見つけたデンマークのスーパーマーケットIRMA(イヤマ)のキャラ・イヤマちゃんのトート。白on白なので、キャラものでもそんなに子供っぽく見えない?と踏んで。
2012052406.jpg
安物も相変わらず大好きです♡
H&Mで漁った二枚。それぞれ2000円とかです。春だし、淡い色柄が着たかったんだな~。
普段のキャラとちょっと違うもの着るとワクワクしませんか。
Drawerでオートミール色のパーカーを買ったんで(写真なし、失敬)、中に合わせてました。
実はパーカーを買うのは人生初なのでした。たぶん。
例によってDRESSTERIORと迷ったけど、生地の柔らかさが好きでDrawerに。やってみたら意外にパーカーおしゃれ、新鮮で楽しかった!
| | comment(4) |
レジェンドまであと一歩!
2012053001.jpg

この日のためのスペシャルヘルメットで登場。桜と津波、祈り。

日曜日の深夜から月曜日の朝にかけて。私(と主人)は興奮の坩堝の中!
アメリカ・インディアナポリスで行われたINDY500での、佐藤琢磨の走り。
こんなに心震えたレースはなかったです。本当に感動しました。今もまだ…。
世界三大カーレース(モナコGP、ル・マン24h、INDY500)にも数えられる
INDY500、このレースは本当に特別な大きなレースなんです。
「年間チャンプよりもこのレースで勝ちたい」と言うドライバーもいるほど。
そんな大舞台で、琢磨は最終ラップでトップ争いを演じてみせたんです!

予選19番手と後方からのスタート、しかも伝えられるHONDAエンジンの不振。
でも約一か月前の第4戦サンパウロでやっと自身初のINDY3位表彰台に立って、今季はかなりいい感触で来ていました。
いざ走ってみればあれよあれよとオーバーテイク!むしろHONDAエンジン有利な状況に。
最後のリスタートで7位から一気に3位に浮上、本当にリスタートが上手くなったなあ。
前を走るは名門チーム、チップガナッシの2台。さすがに無理かなと思いました。
すると2位のダリオがトップのディクソンを抜く時のスリップを巧く利用して、琢磨も一緒にディクソンを綺麗にパスして行くではありませんか!すごーい!
ホワイトフラッグが振られ、残りあと一周。なおも琢磨は攻撃の手を緩めません。
なんとトップのダリオに並びます!もうこの時の己のアドレナリンの量ったら(笑)。
これはイケる!誰しもそう思った瞬間、琢磨のマシンは無念にもスピン…。
2012053002.jpg

あと一周のところでインに入った!次の瞬間、固くドアが閉ざされた。

たった一周守れば、自己最高の2位。しかも最高の舞台で十分な栄誉が待っていました。
しかしこのINDY500には表彰台がありません。2位は「Fastest Loser」なのです。
あくまでも優勝を目指し、まっすぐに戦った彼の姿に本当に勇気をもらいました。

レース後のインタビューで、優勝者のダリオは「きちんとスペースを空けていた」と言いますが、実際のところはかなりグレーでした。決してクリーンな振る舞いではなかったような。
これにはかなり色々な意見がありますが、私もやっぱりダリオはやり過ぎたと思う。
今までも狡猾に戦ってきた王者、必死だったのは分かるけど、これはいただけない。

●観客目線の最終ラップ。並んだ時の歓声、その後の落胆っぷり。
 クラッシュした琢磨への拍手、優勝者ダリオへのブーイングがハッキリ。




●日本の放送局GAORAの音声入り。この人たちの実況はホント面白い。
 ディクソンを抜いてからの興奮っぷりは我が家と一緒(笑)。
 クラッシュ後の松田さんのコメント「でもねあそこは行くよ。偉い、琢磨偉い」に涙。




2012053003.jpg

意気消沈のレース後のインタビュー中、チームオーナーのボビーが琢磨にハグ。
琢磨がひと言「ごめん」と言うと、ボビーは「Great job!! 何も謝る事はないぞ。
お前は優勝を狙ってアタックしたんじゃないか」と言っていたそうです。涙腺決壊。
元レーサーのボビーには、琢磨の気持ちがよく分かっているのでしょうね。
彼の実の息子も別のチームから同じレースに出ているのですが、勝負の世界に生きる男は清々しい。なんか「ガラかめ」のヘレン・ケラーで、実の娘の亜弓さんよりマヤと気が合ってしまう歌子さんを思い出しました(笑)。分かるかな~?
今季からタッグを組んでいるこのふたり、ワンカー体制ながら結果を出しそうな予感大!

翌日のバンケットでは、琢磨が「I'm small, but I need more room. 僕は小さいよ、けどもうちょっとスペースが必要だったかも」と自虐ネタを披露スピーチし、場内大爆笑&大喝采を取ったそうです(笑)。こういうウイットがいいですよね。
アメリカのファンも「あのアタックは最高だった」、「本当に勝っていたのはオマエだ!」と熱狂していたようですし、俄然注目度は高まり、ファンが増えたのではないかしら。

しかし私は真央といい、琢磨といい、守りに入らず全てを投げ打ってひたむきに挑戦するタイプのアスリートがつくづく好きなんだな。いや~しかし感動した~!夢見た!
|インディ | comment(0) |
好きで好きでたまらない
2012052201.jpg

もうとっくに終わってる展覧会ですが…。
水戸芸術館でG.W頃までやっていた 「ゲルダ・シュタイナー&ヨルク・レンツリンガー 力が生まれるところ」 の観賞記録を。
昔ワタリウムの企画展で観たインスタレーションが忘れ難いもので、ずっとまとめてしっかり観たかったスイスのアーティスト。水戸芸エライ。
ほとんどの作品で撮影OKだったところも、天晴!懐が深い。
2012052202.jpg

自然物と人工物を組み合わせた、キッチュで美しい独特の世界。
ほんとに小さなところまで面白くて、まじまじ眺めずにはいられない。
鑑賞者が液体の尿素を作品にかけて結晶を造っていくという「育つ」作品たち!
怪しげな光や煙が出てたり、漆のように美しい鏡面と思ったら廃油のプールだったり。
始めの部屋でもう私はノックダウン。たまらなく好きな世界…。
2012052204.jpg
これぞ彼らの作品!という感じの「リンパ系」という作品。
大きなアルミホイル?の天蓋に入ると、鑑賞者は寝ころんでこの作品を観ることに。
色んなものがモビールのようにぶら下がり、それぞれにキラキラ揺れている。
そして張り巡らされたチューブには、一定のテンポで謎の液体が送られ続けて。
これはひとつの宇宙です。
しかもミクロの。
素晴らしかったのはホイルが奏でるシャラシャラという音。
あと風も。こればかりは体験した者のみの醍醐味ですね。不思議な心地よい体験でした。
2012052205.jpg

他にも体験型のインスタレーションがいくつか。
大きなブランコに乗って観る、映像作品。なんだか愉快な気持ちに。
ふわりふわりと変わる映像、そして自分自身も重力から少し解放されてふわり。
ウォーターベッドに横たわって観る、ミラーボールに映し出された光たち。
たっぽんたっぽんという音を聞きながら、すごく原始的な感覚になりました。
2012052206.jpg
観に行った時はまだ図録ができてなかったので、予約して帰ってきた。
モノを観ないで買うのは珍しいんだけど、それだけ展覧会自体が気に入ったのです。
先着200名に「作品のかけら」がおまけで付いてくるとのことで楽しみにしていたのですが、私のはピンクの粉、Love Powder(笑)。
図録自体の出来もすごく良かったです!ああシアワセ。
|アート | comment(2) |
Pina映画を2本
2012051001.jpg

お久しぶりです。やっとひょこっと時間が出来ました。ブログの書き方忘れそうに。
全然更新がない拙ブログにも、毎日けっこうなアクセスが…ありがとうございます。

だいぶ前になるけれど、「ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」を観ました(音注意)。
かねてから親交があったヴェンダースによる3D映画。ちなみに3D初体験でした。
特に3Dであることへの感動はなかったです。むしろいらない。って感じです。
本来はピナ自身にフォーカスした映画になるようでしたが、本人の急逝のために
当初とはスタイルを大幅に変えて撮られた模様。
2012051002.jpg

「カフェ・ミュラー」、「春の祭典」、「フルムーン」、「コンタクトホーフ」と
既存の作品を新たに撮り直したり、ところどころにカンパニーのメンバーの独白と
ソロダンスが差し挟まれたり。在りし日のピナの映像も少し。
この中で私が実際に観たことがある作品は「カフェ・ミュラー」、「春の祭典」、
「フルムーン」。またあの感動が蘇って、泣きたいような気持ちになる。
「カフェ・ミュラー」は主役のピナがいないので、エレナ・ピコンが踊っていた。
背格好は似ているのだけど、ピナのあの稼働域が半端ない腕の動き、身体から滲み出る言い知れぬ悲しみみたいなものが、やっぱり違う。
でも比べられる辛さは本人が一番わかっているだろうしね。ピナの不在を強く感じる。
2012051003.jpg

忘れちゃならない日本人ダンサー・瀬山亜津咲さん。
ソロダンスはこんなコミカルな趣向で登場してくれました。
「フルムーン」など、たくさんの舞台で印象的な舞を披露している彼女。素敵です。
でも彼女だけピナへのメッセージがなかった気がするのは何でなんだろ?
2012051004.jpg

あと同時期に上映していた「ピナ・バウシュ 夢の教室」も観ました(音注意)。
「踊り続けるいのち」を観てから「夢の教室」、そして「踊り続ける~」を再見したという。
ダンス経験のない若者を集めてひとつの舞台を創り上げるドキュメンタリー。
「コンタクトホーフ」という私はまだ未見の舞台なのだけど、これ面白いの。
他にカンパニーのダンサー版はもちろんあるんだけど、老人版もあるんですよ。
「踊り続ける~」の方では替わるがわるそれぞれのバージョンが流れていたから、知らない人はあれ?って思いそう。

こちらもね、素晴らしかった。純粋な原石みたいな感動がそこにはあった。
初めは恐る恐るだった子たちが、心の奥からそれぞれのありったけを曝け出して、
みるみる輝いていく様に、もう思わず涙。
皆、どんどんエレガントになっていった。ほんとに素敵だった。
そしてピナの優しさ、ジョー・アンとベネディクトの真摯さ、とても温かかったな…。
|映画 | comment(4) |
草ぼーぼー。
2012042302.jpg

ずいぶんご無沙汰になってしまっています。放置プレイです。
本当は今日にでも更新したかったのですが、やっぱり書けませんでした…。
ブログ書きたいなー。記事がたまってたまって発酵しております。
でも今週も仕事がGW前進行になって、死のロード(←大げさ)です、きっと。
と言う訳ですみませんが、もうちょっとお待ちください。
twitterは毎日元気に書きこんでおります。隙間時間にできるのがいいですね。
風呂にiphoneを持ちこむ悪癖がやめられません。

※このクジラちゃんは、cinqで買おうか迷って結局買わなかった堀井さんの
 ポスターの絵です。姪っ子さんだか甥っ子さんだかの絵。かわいいですよね。
|日々 | comment(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。